FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央選手を応援しています!

やっぱり浅田真央が好き。

みんなが真央ちゃんを応援し、愛する気持ちが良く分かる。

彼女の笑顔、がんばりはみんなを幸せにする。

失敗した時、言い訳することなく悔し涙を浮かべる彼女の姿に心を痛める人も沢山いるだろう。

日本一を目指し、更に世界で戦おうという人に努力を怠っている人なんていないと思う。

誰だって一生懸命、応援することしか出来ない私たちには想像もつかない、それこそ血のにじむような努力をして大会に出てくる。

多くのライバルがいてしのぎを削るような時代の今はなおのこと、誰よりも強く誰よりも美しくを目指して、何倍もの努力をお互いがしていることだろう。

みんながどれだけ努力し、練習し、涙を流して来たかは彼ら彼女らの試合をみるだけで、どんなに実際は大変なことかは想像はつかないけれど、どれだけ大変な努力をしているかは想像できる。

その中で勝利を勝ち取った人を気持ちよく祝福したい。けれど、やっぱり自分が一番応援している人に栄冠がもたらされることを望むのは応援しているファンにとって当たり前のことだと思う。

なぜその人を応援するのだろう。

私はその時代一番魅了されるスケーティングをしていた人を応援してしまう。
もちろん魅了されるというのは自分にとってだ。でも多くのファンがつくというのは同じ気持ちになる人が多いからだろう。

素敵な俳優さんは世界中に沢山いるけれど、ある特定の俳優さんのファンになるというのはその人の演技に魅了されたからだろう。そして多くのファンがいるというのは、より多くの人にその魅力がつたわるパフォーマンスをしている人だからだろう。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

『Let's party!アワブリ』

10月23日21時よりロードショーが始まった福島拓哉監督『アワ・ブリーフ・エタニティ
朝10時過ぎ家を出て、10時20分より整理券配布される新宿ケイズシネマに向かう。
友人たちの為に初日舞台挨拶のチケットを手に入れた。これが後々正解であったことが判明する。
再び劇場に到着したのは、20時30分。友人ひとりと合流後、取材申込を行い、開場(上映10分前)前にスタンバイ。
実はこの時すでに満員御礼、札止めとなっていたことを後から知る。
遅れていた友人も無事開場前に到着した様子。整理券手に入れておいて大正解でしたね!!

満席に賑わう劇場に8名の登壇者入場。各人の舞台挨拶後上映が開始された。

23時上映終了後、関係者・観客交えた打ち上げに参加。

久しぶりの大人数&朝までオフでした(笑)朝まで残っていた人も20名以上いたのではないでしょうか?

同じテーブルになった“はじめまして”のメンバーも楽しい人たちで、
特に中国のブランコカフェの話や面白体験話しを聞かせてくれたレッズサポの方に大感謝。

福島監督も各テーブルを回って皆さんを朝まで楽しませてくれてました!
それにしても流石映画畑の方々、朝まで元気です(笑)
また助監って本当関心する動きしますよね(笑)じゃなきゃ現場勤まらんよね。

と、いうわけで、始発の走る時間が近づき会場を後にしました。

アワブリのパーティ(劇場公開)はまだまだ続きます。現段階で約一ヶ月は続くらしい。12月最初まで続くかも。
是非劇場に足を運んでみてください☆これからも劇場でのイベントもありますよ☆
また東京新宿のケイズシネマ以外にも名古屋でも上映あり♪

感想などはブログやmixi,Twitterに書き込んでみるとパーティに参加している気分も盛り上がると思います!!

新しい挑戦へ

2月のオリンピックの熱戦も終わりました。
各選手の想いが熱く伝わってくる。

オリンピックに向けた想いというのは、やっぱり凄いものだなと感じます。
その時、世界最高の技術を持った人々が集まり戦う姿は私を常に魅了します。

また常に進化を自らに課す人こそ真のアスリートなのではないかと思いました。

それができる間は現役を続けられるのだろうし、もちろんそうして来た人でさえ、運をつかまないと最高のパフォーマンスをだせないという厳しさもある。

自分にとって納得できない結果で終わったと思えた人、その壁を越えていこうと思った人を4年後のオリンピックの地で再び、その勇士をみることが出来ることを心より願っています。

辛く長い、そしてあっという間であろう、4年間。
オリンピックに出場する選手で努力を怠っている人なんているわけがないと思います。
皆さんの日々のがんばりが、私達の心に感動を与えてくれるのだと。

私もまた新しい挑戦に向かってがんばらねば!ということで、2月の終わりに16ミリ映写機技術者講習会を受けてきました。もうすぐ16ミリ映写機操作技術認定証が届くと思います。
たまたま図書館に本の予約を入れようとして気がついたこの講習会。
現在都内では数箇所でしか実施されていないようです。また私の受けた区でも年に一回の実施とか。
今まで16ミリ映写機技術者講習会を受けようと思ったこともなかった私。
ただこういう機会があることを知り、受けることで自分に何が出来るのかを考えた時、また新たな可能性が出てきました。
何故、こういう機会があることを知るのが“今”だったのだろう?不思議な気もします。

OFFICE KAORIESとして、今後上映会イベントを企画してみようと思っています。
上映するだけではなく、もちろん映画人や文化人、知識人の方を招いてトーク付きのイベントにしていきたいと思っています。

最初の出逢いを経て

現在OFFICE KAORIESも支援しております「子ども虐待防止 オレンジリボン運動
そちらの活動で昨年11月21日に行われた「第7回 鎮魂の集い&パレード」にてサックス演奏をされた小林洋平さんを応援しています。

沢山の人々がこの日子どもたちの冥福を祈るため集まりました。ひとりとして虐待によって尊い命を亡くすというような悲劇を繰り返して欲しくない。その思いを持った人々の鎮魂の集い、その中で素晴らしい演奏に心打たれました。

後日演奏をされていた小林洋平さんはサックス奏者だけではなく作編曲家としても活躍されていることをHPで知ることが出来ました。映画音楽の勉強をされていたとは、しかも理系。なんという繋がり!と驚きました。

そして、明日から放送の「Bungo-日本文学シネマ-」日本を代表する文豪が綴った不朽の短篇小説6篇を最旬(いま)代表する俳優達によって映像化する新企画にて、「黄金風景」「檸檬」「富美子の足」の3作品の音楽を担当されるそうです。
本作は2010年初夏劇場公開も予定されているらしい。凄い。

太宰治「黄金風景」監督:アベユーイチ 主演:向井理・優香
芥川龍之介「魔術」監督:熊切和嘉 主演:塚本高史
梶井基次郎「檸檬」監督:吉田恵輔 主演:佐藤隆太
谷崎潤一郎「富美子の足」監督:橋本光二郎 主演:加藤ローサ
森鴎外「高瀬舟」監督:冨樫森 主演:成宮寛貴
太宰治「グッド・バイ」監督:篠原哲雄 主演:山崎まさよし・水川あさみ

<放送予定>
TBSにて
「黄金風景」 2月15日(月) 25:44~26:14
「魔術」 2月16日(火) 25:09~25:39
「檸檬」 2月17日(水) 25:14~25:44
「富美子の足」 2月22日(月) 25:44~26:14
「高瀬舟」 2月23日(火) 25:09~25:39
「グッド・バイ」 2月24日(水) 25:14~25:44

BS-TBSにて2月20日(土)18時30分より毎週土曜日連続放送。
「黄金風景」 2月20日
「魔術」 2月27日
「檸檬」 3月6日
「高瀬舟」 3月13日
「富美子の足」 3月20日
「グッド・バイ」 3月27日

昨年縁あって出逢い、そして今年直接お話する機会を得ました。
力強い信念に向かって突き進む輝きを持った好青年でした。
これからの活躍を期待するのと同時に是非映画音楽の世界でも活躍して欲しいと思っております。

人の縁とは不思議なものだと常日頃から思っておりますが、「グイン・サーガ」を読み進めている私の中ではその人と人のえにしに大きくうなずき感激する場面が少なくありません。

小林洋平さんと最初にお話する機会を得たその場に同席していただいた監督とは、2000年春に秋田の映画祭で初めて逢うことが出来ました。あの日のことも昨日のことのように思い出します。
それから10年の歳月が流れ今もこうして逢って映画の話を一緒に出来る幸せ。
小林洋平さんを応援するのは始まったばかりでありますが、長い年月を経てまたこうして最初に逢ったその日を回想できる日を楽しみにしております。

美勇士“トライポリズム”ライブ

美勇士さんがVo&G.のバンド“トライポリズム”のライブに続けて行ってきました。
最初は、11月14日(金)中野・サンクチュアリにてロックバンド“トライポリズム”を楽しみ。
11月17日(月)は、新橋・ZZにてアコギな“トライポリズム”を。

何れも楽しい夜を過ごすことができました。
美勇士さんの歌声は人の心に響く。
そして楽しいおしゃべり。
メンバーが陽気でやさしい。
思いやりにつつまれた空気感。

素敵な人たちのパフォーマンスで元気をいただきました。




是非一度聞いて見てほしい。
次回は、12月2日(火)原宿のクロコダイルに出演。

美勇士さんに出逢ってかれこれ6年以上になってます。
「いいとも」のテレフォンショッキングにゲスト出演したのをみたのがきっかけ。
それから主演ミュージカルを観に行き、ライブに行き。はまりました。
『X』のオープニングや、『ズッコケ三人組』のエンディングを唄っており、親しみやすかったのもあった。

最近では、ライブ活動のほか、TVでも多く目にして注目度はますばかり。
年を重ねて輝きをましていく美勇士さんをこれからも可能な限り応援していきたいです!
しあわせな気持ちになる歌声も聴き続けたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。