FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年 日本インターネット映画大賞 日本映画投票

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「イキガミ」6点
  「イエスタデイズ」4点
  「その日のまえに」3点
  「山桜」3点
  「K-20 怪人二十面相・伝」3点
  「風の外側」3点
  「北辰斜にさすところ」2点
  「結婚しようよ」2点
  「カメレオン」2点
  「クライマーズ・ハイ」2点
【コメント】
『イキガミ』の瀧本監督には昨年に続き俳優の魅力を再確認させて頂きました。
『イエスタデイズ』が長編デビューの窪田監督には丁寧に作品を撮る大切さを再認識させて頂きました。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】    作品名
   [瀧本智行] (「イキガミ」)
【コメント】
出演していた俳優がそれぞれ良い仕事をしていました。
それは監督の力だと思います。
今後も大変期待しております。

【主演男優賞】
   [藤原竜也] (「カメレオン」)
【コメント】
『クライマーズ・ハイ』の堤さんと悩みましたが、『カメレオン』が印象深い作品になっていた
のは彼の力が大きいと思う。
こういうアクション映画を邦画でも沢山観たいです。

【主演女優賞】
   [永作博美] (「その日のまえに」)
【コメント】
『人セク』でも悩ましいあっけらかんとした女性を好演していましたが。
母であり、妻であり、そして大切なものをおいて逝かなければならないひとりの女性を好演。
彼女の笑顔がその裏に隠された悲しみが私の心の中にまで届いてきました。

【助演男優賞】
   [金井勇太] (「イキガミ」)
【コメント】
『クライマーズ・ハイ』の堺さんと悩みました。『イキガミ』の山田さんも良かったし。
劇中の彼の歌はこの『イキガミ』を忘れられない作品にしてくれました。
この作品でこの役だからこそ。

【助演女優賞】
   [谷村美月] (「リアル鬼ごっこ」)
【コメント】
二役を上手くこなしていました。
彼女以上に印象に残った助演女優さんはいませんでした。

【新人賞】
   [該当なし]

【音楽賞】
  「イキガミ」
【コメント】
やっぱり“みちしるべ”でしょう。
-----------------------------------------------------------------
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

2008年 日本インターネット映画大賞 外国映画投票

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「言えない秘密」6点
  「テラビシアにかける橋」5点
  「イントゥ・ザ・ワイルド」4点
  「ワールド・オブ・ライズ」3点
  「インビジブル・ターゲット」2点
  「ダークナイト」2点
  「カンフーパンダ」2点
  「大いなる陰謀」2点
  「JUNO/ジュノ」2点
  「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」1点
【コメント】
今年はこれだ!って映画には出逢わず終わりました。
それぞれの映画には、それぞれの見所があって楽しめました。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】        作品名
   [ジェイ・チョウ]  (「言えない秘密」)
【コメント】
この人の才能は凄いですね。
ファンタジーとしてこんな風に楽しめる作品に仕上げるとは。

【主演男優賞】
   [レオナルド・ディカプリオ] (「ワールド・オブ・ライズ」)
【コメント】
この人は相変わらず素晴らしいです。
立ち姿もアクションも決まってます。
この作品がここまで印象に残ったのはこの人だからこそ。

【主演女優賞】
   [アンナソフィア・ロブ] (「テラビシアにかける橋」)
【コメント】
愛しく切ない。抱きしめたくなるような笑顔が印象的でした。
空想に駆け回るこういう時代を経験して大人になれる人はどのくらいいるのだろう。

【助演男優賞】
   [アンソニー・ウォン] (「言えない秘密」)
【コメント】
無くてはならない俳優のひとり。
楽しませてくれます。上手い下手という域を超越しております。

【助演女優賞】
   [ヘレナ・ボナム=カーター] (「スウィーニー・トッド」)
【コメント】
切ない眼差しが印象に残りました。
振り向いてもらえない愛しい人に尽くしてしまう女の性。

【新人賞】
   [エレン・ペイジ] (「JUNO/ジュノ」)
【コメント】
可愛く明るく可笑しいけれど、変なところ真面目なんだよね。
普通にこういう女の子いますよ。自然体。

【音楽賞】
  「言えない秘密」
【コメント】
素敵なメロディ。ピアノバトル。父子のダンス。楽しい音楽、流石ジェイ。
-----------------------------------------------------------------
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

テーマ : 2008年映画感想 - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。