FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北島康介選手おめでとう!!

最高です!!

金メダルそして,世界新。

誰にも文句を言わせない勝ち方。

記憶に残り,記録に残る。

連覇!!凄いです。

本当に感動をありがとう。

まずは“おめでとう”と言いたい。
スポンサーサイト

紫陽花の咲く頃に

2008年6月、紫陽花の咲く頃に。この世で最も大事な人を亡くしました。
生きている間に「死んだら寂しい?」と聞かれ、「困る」と答えていた。
実際には死んだ後のことなんて考えられなかったというのが事実。
病が発覚し、残り短い命を知らされ、いつその日が来るのかもわからない。
そして数年後のことを考えることのできない苦しさ。
ただ、その日が本当に来るとも思えなかった。正しくは思わないようにしていた。
考えないから涙もでない。寂しさも想像できない。

葬儀の時も涙はさほど出なかった。考えたくなかった。考えることをやめていた。
泣かないから悲しくないわけではない。
でも今本当に苦しい、考えるだけで涙が出てくる。
いつも一緒にいて、悲しいこと、嬉しいことを共感してくれた大切な人。
私に映画を観る喜び、スポーツを見て人を応援する楽しみを教えてくれた人。
半年前は自分のことを「幸せ」だと思っていた。今、は自分が「幸せ」だとは思えない。

1年10ヶ月余り病と闘い続け、本当に強くがんばった母でした。
尊敬する母でした。いつも私たちのことを考え、そして自分の人生を楽しむためにがんばっていました。
「本当にありがとう」「そして本当に寂しいです。どうしようもなく寂しいです。」
こんなに寂しいものだとは思いませんでした。

悲しくて寂しくて辛いけれど、生きることをやめるわけにはいかない。
私には大事に守らないといけない人もいる。
その人を見守るために生き続けます、そして母の様に自分の人生をも楽しんで生きていきます。
その時が来るまで。

紫陽花の咲く頃、母を亡くした悲しみを思い出すのではなく、毎日母を亡くした悲しみを感じながらも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。