FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族と仲間に感謝の日々

今年も2週間が過ぎようやく正月気分が抜けつつあります。
そして、いつものペースに体が戻ろうとしております。
毎年毎年やること、やりたいこともいっぱいで。
1年は本当にあっという間だと思いながら、1年あると色々変わることもあります。
正月休みを満喫後、仕事始めはりきっていたらいきなり風邪を引き寝込みました。
酷い風邪ではなく、幸いなことに足を運ぶ予定だった上映会や新年会を無事過ごし、その後はゆっくり療養していたらすっかり風邪も治り、逆にかなりすっきりした気分。
そして再び仕事に勤しむ毎日ではありますが、ペースがつかめずちょっと疲れ気味でありました。
体力が気力に追いつけずってとこでしょうか。
そろそろいつものペースに戻って今年やるべき事、やろうと思っている事に力を注いでいきたいです。
今年最初に参加した新年会ではいきなり2012年に向けてのお願いをしてしまいましたが・・・
先ずは目先のことしっかりやっていかねば。

それにしても最近は去年の晩秋よりその世界の住人となっている「グイン・サーガ」というものがあるので、まったくと言って良いほど、どーでも暇な時間などありません。
大事なことを置いてでもその世界に戻りたいと思う意識を逆に抑えて、他のことをこなす始末。
時間さえあれば、時間さえ許せば、深く長くその世界に浸っていたいと思う。
未完130巻と外伝22冊中、現在30巻と外伝5冊に辿り着き、まだまだ先は長いです。
しかし、これとていつかは終わりも来るでしょう。
今のペースを保つと今年中にも最終巻を向えるかもしれません。
あとがきを読んでいると作者の30年に及ぶ生涯をかけて描きつづけたその世界“生き様”を感じております。

今年最初に参加した上映会は、山田洋次監督『家族』と上映前に私が最も敬愛する五十嵐敬司氏によるトークでした。
『家族』良いですね。人は弱いけど、強い。強いけど、弱い。昨年の我がベスト映画『あの日、欲望の大地で』を観た時に感じ感激したのも同じです。人の弱さと強さ、そして思いやりと愛の力。
こういうものを感じさせてくれる映画に出逢うと幸せです。

今日親友が受けたインタビュー記事をネットでみつけて読んだ。そこに書かれていたことは本当だなと思う。
MSFインタビュー http://www.msf.or.jp/news/2009/06/1832.php より引用

「一般的に難民、避難民は「かわいそうな人たち」というイメージが、もしかしたらあるかも知れません。
しかし、私はそうは思いません。どこの国に生まれようと、生きていくなかで大変なこと、辛いこと、うれしいこと、楽しいことは皆が経験することです。
難民、避難民になったからといって楽しいこと、うれしいことがなくなるわけではないのです。
彼らは戦闘に巻き込まれ、家族や友達を失い、また自分自身や家族が重い病気にかかったとしても、今日を一生懸命生きていくことを大切にしているように感じます。
家族、友人で助け合う強い絆を持っています。」

『家族』という映画に出逢った直後にこういう友の言葉に出逢い胸が熱くなりました。

そして、五十嵐敬司さんのトークは上映前のものだったのですが、常に気さくに接してくださる五十嵐敬司さんが壇上に立たれてお話する場にいたのは初めての経験でした。
五十嵐さんと出逢ってから10年以上の時が流れているというのに。
『家族』撮影時にはスタッフとして関わっていられないということでしたが、山田洋次監督から聞いた思い出話を交えて作品を紹介してくださり、大変興味深く拝聴いたしました。この作品のこういうお話は、こういう場に足を運ばないと耳に出来ないことなのかもしれません。
会場に足を運ばれた皆さんは五十嵐さんの貴重な思い出話を心に止めて映画を楽しまれたのではないでしょうか。

今年最初に参加した新年会は、毎年恒例になりつつある「劇団巌流第二級 東京支部 新年会」でした。
毎年毎年そこに集まるメンバーは少しずつ違い、一期一会。
新旧にわたる仲間たち。共通点は映画好き、それも佐々部清監督が佐々部映画が好きという思いで集まっています。
佐々部監督自身も臼井プロデューサーも一緒に新年を祝う会にお誘い頂き感謝しております。
贅沢で幸福な一時です。企画くださる幹事の皆様に感謝しております。
『半落ち』初日の佐々部監督との奇跡の様な出逢いから始まって、繋がっていくこのご縁に感謝しております。
今年はいきなり2012年7月7日に向けた思いも口走ってしまいました。
2012年7月7日向けてスタートした日でもありました。
スポンサーサイト

今年の抱負など

あけましておめでとうございます!!

2010年の幕開け皆さんどのような形で迎えられましたか?

私はここ数年の恒例で、紅白を年越し蕎麦を食べながら観て、紅白終了と共に初詣にでかけました。
そ・こ・で。今年一発目のCM『ヤマト』始動をまんまと見逃しました(泣)。すっかり忘れていたといえば・・・

話は飛びますが、明けて元旦の朝、初日の出と共に起床。今年も東京では初日の出を拝むことが出来ました。
ずっと天気の良い東京ですが、流石に風は冷たいですね。

で、忘れていたのは。『ヤマト』の広告が掲載されるという産経新聞を元旦映画を観に行ったついでに買うことでした。しかし、当日の夜に思い出し、コンビニを足を運ぶと、1部残っており・・・忘れていたけどちゃんと手に入れました。元旦に映画3本観て。翌2日はホテルに食事にでかけ。これから読み続ける本を手に入れ、見逃していた映画のDVDを借りてきました。帰宅後、DVDを2本観て、本を遅くまで読み続けておりました。

おっと、抱負ネタは!?観たい映画は沢山あり、読み続けたい本は130巻の未完で外伝も20冊近くある。そんな状況では時間はいくらあっても足りないのであります。

そんな今年、そうは言いつつ・・・

先ずは、昨年はじめたこと2つを成就させねばと思う。1つは試験に合格すること。1つは更に来年も続けるかもしれませんがとある集まりの役員、何か達成感をあじわえるようにしたいですね。昨年はどちらも初チャレンジということで様子見でした。
昨年はじめたことと言えば、昨年企画して今年の夏に主催予定の写真と短歌のコラボ展も是非とも成功させねばいけません。これもひとりでどうにかできる問題ではありませんが、みんなの力をかりて成し遂げたいです。
あー、試験に合格することは完全に自分の力だけでどうにかしなきゃいけないことで後の2つはひとりではどうにも出来ずみんなの力のもとなんとかなるものですね。

昨年『BALLAD』に引き続き、今年も山崎貴監督の最新作『ヤマト』公開まで応援します♪
早速「BALLAD応援団」ブログを改め「あの夏から10年」ブログとして綴っていきます。
ブログアドレスは変わっておりません。こちら

あと、相変わらず続けていくことと、今年初めてやり始めようと思っていることもあるので!!
それから応援している監督たちで久しぶりに映画が公開される!というのもあるので楽しみです。
楽しみといえば、そう、来月は冬季オリンピックもあるので楽しみですね。
今年は北島康介選手が日本代表復帰に向けがんばるそうですし。
自分の事以外にも注目すること、応援すること、楽しみなことも沢山ある年になりそうです。

何はともあれ、がんばらないとがんばれない自分なのでがんばろうと思います。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

2010年出逢った映画たち

83.『ばかもの』金子修介監督(邦画)☆☆
82.『洋菓子店コアンドル』深川栄洋監督(邦画)☆
81.『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』東陽一監督(邦画)☆☆★
80.『行きずりの街』阪本順治監督(邦画)☆☆☆
79.『再会の食卓』ワン・チュアンアン監督(洋画)☆☆
78.『孫文の義士団』テディ・チャン監督(洋画)☆☆★
77.『唐山大地震』フォン・シャオガン監督(洋画)☆☆
76.『ノルウェイの森』トラン・アン・ユン監督(邦画)☆☆
75.『ロビン・フッド』リドリー・スコット監督(洋画)☆☆
74.『最後の忠臣蔵』杉田成道監督(邦画)☆☆
73.『SPACE BATTLESHIP ヤマト』山崎貴監督(邦画)☆
72.『密告者』ダンテ・ラム監督(洋画)☆☆
71.『30デイズ・ナイト』デヴィッド・スレイド監督(洋画)☆☆
70.『乱暴と待機』冨永昌敬監督(邦画)☆☆
69.『遠距離恋愛 彼女の決断』ナネット・バースタイン監督(洋画)☆☆
68.『カメリア』ウィシット・サーサナティアン 監督『アイアン・プッシー』行定勲監督『かもめ』チャン・ジュァ監督『ラブ・フォー・セール』(洋画)☆☆
67.『ホット・サマー・デイズ』ウィン・シャ監督、トニー・チャン監督(洋画)☆☆☆★
66.『エッセンシャル・キリング』イエジー・スコリモフスキ監督(洋画)☆★
65.『燃え上がる木の記憶』シャーマン・オン監督(洋画)?
64.『ハイソ』アーティット・アッサラット監督(洋画)★
63.『恋の紫煙』パン・ホーチョン監督(洋画)☆☆☆☆☆
62.『ハンズ・アップ』ロマン・グーピル監督(洋画)☆☆☆
61.『インハレーション』エドモンド・ヨウ監督(洋画)☆☆★
60.『タイガー・ファクトリー』ウー・ミンジン監督(洋画)☆☆★
59.『虹』シン・スウォン監督(洋画)☆☆☆
58.『ギャランツ~シニアドラゴン龍虎激闘』デレク・クォック監督、クレメント・チェン監督(洋画)☆
57.『台北カフェ・ストーリー』シアオ・ヤーチュアン監督(洋画)☆★
56.『赤とんぼ』リャオ・チエカイ監督(洋画)?
55.『ズーム・ハンティング』チュオ・リー監督(洋画)☆
54.『ジャック、舟に乗る』フィリップ・シーモア・ホフマン監督(洋画)☆☆
53.『ゼフィール』ベルマ・バシュ監督(洋画)☆★
52.『モンガに散る』ニウ・チェンザー監督(洋画)☆☆☆☆
51.『四枚の似顔絵』チョン・モンホン監督(洋画)☆☆☆
50.『一粒の麦』シニツァ・ドラギン監督(洋画)☆
49.『一枚のハガキ』新藤兼人監督(邦画)☆☆★
48.『ソウ2』ダーレン・リン・バウズマン監督(洋画)☆☆
47.『悪人』李相日監督(邦画)☆☆
46.『スープ・オペラ』瀧本智行監督(邦画)☆★
45.『マイ・ブリーフ・エタニティ』福島拓哉監督(邦画)☆☆★
44.『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』中田秀夫監督(邦画)★
43.『大奥』金子文紀監督(邦画)☆☆☆★
42.『九月に降る風』トム・リン監督(洋画)☆☆
41.『わが青春のアルカディア』勝間田具治監督(邦画)☆☆☆
40.『ソウ』ジェームズ・ワン監督(洋画)☆☆
39.『ノウイング』アレックス・プロヤス監督(洋画)☆★
38.『京都太秦物語』山田洋次・阿部勉監督(邦画)☆☆
37.『キス&キル』ロバート・ルケティック監督(洋画)☆★
36.『インセプション』クリストファー・ノーラン監督(洋画)☆☆★
35.『第9地区』ニール・ブロンカンプ監督(洋画)☆☆★
34.『パブリック・エネミーズ』マイケル・マン監督(洋画)☆☆
33.『REDLINE』小池健監督(邦画)☆
32.『ナインスゲート』ロマン・ポランスキー監督(洋画)☆☆★
31.『ゾンビランド』ルーベン・フライシャー監督(洋画)☆☆
30.『レポゼッション・メン』ミゲル・サポチニク監督(洋画)☆☆☆★
29.『しゃったぁず・4』畑中大輔監督(邦画)☆☆
28.『ベスト・キッド』ハラルド・ズワルト監督(洋画)☆★
27.『レギオン』スコット・スチュアート監督(洋画)☆☆★
26.『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』ジョニー・トー監督(洋画)☆★
25.『運命のボタン』リチャード・ケリー監督(洋画)☆☆☆
24.『劇場版TRIGUN(トライガン) -Badlands Rumble-』西村聡監督(邦画)☆☆
23.『スナイパー:』ダンテ・ラム監督(洋画)☆☆★
22.『アリス・イン・ワンダーランド』ティム・バートン監督(洋画)☆☆
21.『ブギーマン』スティーヴン・T・ケイ監督(洋画)☆☆
20.『ソフトボーイ』豊島圭介監督(邦画)☆☆
19.『獄(ひとや)に咲く花』石原興監督(邦画)☆
18.『狙った恋の落とし方。』フォン・シャオガン監督(洋画)☆☆☆
17.『シャッター アイランド』マーティン・スコセッシ監督(洋画)☆☆
16.『ザ・ウォーカー』デンゼル・ワシントン監督〈洋画)☆★
15.『パリより愛をこめて』ピエール・モレル監督(洋画)☆★
14.『ヒーローショー』井筒和幸監督(邦画)☆★
13.『シャーロック・ホームズ』ガイ・リッチー監督(洋画)☆☆★
12.『パラノーマル・アクティビティ』オーレン・ペリ監督(洋画)★
11.『ディア・ドクター』西川美和監督(邦画)☆☆★
10.『サロゲート』ジョナサン・モストウ監督(洋画)☆
9.『シークレット・サンシャイン』イ・チャンドン監督(洋画)☆★
8.『家族』山田洋次監督(邦画)☆☆☆☆
7.『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』ゴア・ヴァービンスキー監督(洋画)☆☆★
6.『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』ゴア・ヴァービンスキー監督(洋画)☆☆★
5.『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』ロニー・ユー監督(洋画)☆☆☆
4.『大阪ハムレット』光石富士朗監督(邦画)☆☆☆
3.『カールじいさんの空飛ぶ家』ピート・ドクタ監督(洋画)☆★
2.『アバター』ジェームズ・キャメロン監督(洋画)☆☆☆
1.『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』境宗久監督(邦画)☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。