FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化学院にて

先月香港へOFFICE KAORIES出張として行き。
今月は特別夏休みを取っておりませんが、先週末は充実した3日間を過ごすことが出来ました。
その3日間とは。
すべて、御茶ノ水にある文化学院で行われたトークイベントに参加したものです。

8月7日(金) ドラマ「北の国から」演出家 杉田成道トークショー

司会に杉田組チーフ助監督であった花田深さん
花田さんは『リトル・シンドバット 小さな冒険者たち』を監督されています。
吉岡秀隆さんの出演作の1本でもあったので観たことあります。
「北の国から」のスペシャル版を2本と杉田監督作『優駿 ORACION』のチーフも務められたそうです。

ゲストに中嶋朋子さん(蛍役)、横山めぐみさん(れい役)をお迎えしての華やかな場でした。

最初は杉田監督へ花田さんが「北の国から」の杉田演出についてインタビュー形式で話を伺い、後半ゲストのお二人を交えて、お二人からの現場の様子などを伺い、また観客からも質問を受け付けるという内容でした。

大きな嘘をつくフィクションの中で小さな嘘はできるだけつかないようにするという思いのもと、可能な限りのリアリティにこだわった演出方法についてお話をお聞きし、応援している監督のひとりである佐々部清監督の演出に通じるものを感じました。

自分の演技をまだ確立していない役者たちにとってはとても効果的だと思うのと、またベテラン俳優にとっても自然な演技というものを引き出される演出の仕方なんだなと思いました。

ただ、そういう現場で育った中嶋さんにとっては普通のTVドラマの現場より、時間をかけて作りあげる舞台の方が自分には合っていると感じるようになったとか。杉田監督の現場は贅沢な時間のかけかたをされていたんだなと。また横山さんもデビュー作品が「北の国から」だったとか。かなりキツイことを言われた現場だったらしく最初から厳しさを経験されたんですね。

「北の国から '87初恋」は私にとってもとても印象に残っている作品です。満男くんではなく、俳優・吉岡秀隆を意識するようになった作品なので。
尾崎豊さんの「I love you」が挿入歌になったお話も観客からの質問により聞くことができました。

8月8日(土)声優古谷徹「声優道場」スペシャルトークショー

こちら1時間の予定が2時間近いイベントとなり、とても内容が濃かったです。
それもすべて古谷さんのファンサービス精神のおかげ。
幼き頃より聞いていた古谷さんの声を生で聞くことができ感慨深かったです。
先ごろ発売された古谷さん初の著書という「ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生」のサイン会もあり、また本を買わなくても握手は皆さんと!という古谷さんはカメラ持ち込みもOKという太っ腹。

講演の内容は、「声優道場」。声優になるために必要なこと、心がけなどを話してくれました。
プロとしての追求、やはりトップランナーとして走る人は違うなと思いました。
信念を持って自分の道をいくというのは前日お話をお伺いした杉田監督とも通じると思う。

声の仕事をする声優にとっては風邪は大敵、朝晩のうがいは欠かさないそうです。
うがい大事ですね。
講演の後は実際にスクリーンに「ガンダム」の一場面を映し、アフレコ実践。
最後は古谷さんも交えて実演。そしてお楽しみ抽選会からサイン会、握手会へと。

人生に無駄な経験などないという通り、全ての経験は声優人生に生かされている!そんな素敵な古谷さんのお話を聞くことが出来て嬉しかったです。
いろんな経験、いろんな趣味、人生を積極的に夢を持ち続けて生きていく、大切です。

8月9日(日)『BALLAD 名もなき恋のうた』山崎貴監督トークショー&特別試写会
『BALLAD』の試写はいつからだろう?なんて話ながら乗った電車の中でこのイベントの広告を発見!!「お~お~」と小躍りし、自宅に帰って早速検索、申し込み。
これがこの濃い3日間を過ごすことができたきっかけなんですね。
こういうイベントはきっと色々行われているんでしょうけれど、知る、というのが大事。
何がきっかけで、知る、ことができるか。こういうめぐり合わせに感謝。

山崎監督トーク付き試写は応募の必要があり、当選ハガキが来るまで必ず参加できるか分かりませんでしたが。無事当選ハガキが来て(思いいれの強さは通じます)、この日を迎えることができました。
数日前に行われた完成披露試写には行けなかったのですが、2日間トークに通い、この会場では監督に直接お花(完成祝い)を渡すことが叶うかも!と思いつき、花束を用意して行きました。
例の如く最前列に座り、スタッフの方に監督にお花を渡して良いか聞きました。スタッフの方が確認してくれOKを貰い、トーク終了時に渡すタイミングまで指示してくださいました。感謝。

トークの内容は、そうですね、きっと監督はこれまでも、これからも何十回と聞かれる質問(笑)。
これらの質問に辛抱強く、また初めて聞かれたかのように答えて行くのもエンターテイナーな皆さんのお仕事だなと思います。がんばってください!
その中でこの日だからこそ!はちょうど司会の方が電車の中でRootsのつぶやき広告をみた話題。
「監督が僕だけほめてくれない」というつぶやきについての質問。この答えはあえてここでは書きませんが(笑)でも今ネットで調べたら・・・このつぶやきに対してもっと深い意味あったのか?と(笑)←謎ですみません。

その後この日もお楽しみ抽選会が行われ!私もエキストラTシャツの監督のサインが欲しいと思っちゃいました!大事にしようエキストラ記念Tシャツ。でも着るけどね。

そして・・・無事「完成おめでとうございます」と花束を渡すことができました♪

そして、そして、肝心な『BALLAD 名もなき恋のうた』本編上映。
ちゃんとフィルム上映だったのに、先ず感心。

山崎監督“らしい”映画に感激。公開に向け応援がんばるぞーって気持ちにさせられました。

とても素敵な3日間を過ごさせて頂き、文化学院関係者の皆様、杉田監督、古谷徹さん、山崎監督そして出演者の皆様に心より感謝いたします。2009年盛夏素敵な思い出をありがとうございました!!

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。