FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国際映画祭、本日閉幕。

10月17日のオープニングイベントから始まった第22回東京国際映画祭が10月25日で閉幕。
東京国際映画祭、昔渋谷で開催されていたころは、ほとんど行ったことがなく、大谷健太郎監督の『とらばいゆ』を観に行ったことがあっただけ。

チケットがかなり取りにくいとか聞いていたけど、自分が通うきっかけなく。
そんな中、エディソンに出逢い、東京国際映画祭のコンペ作品の舞台挨拶に出ることを知り、始発前から渋谷に行って並んだのが4年前、その時の作品『ドック・バイト・ドック』に感激し、またそれまで自分が参加していた@nifty日本映画街フォーラムの改変期にぶつかり、自ら邦画・香港映画サポーター活動を開始する決意をした。
その1年後初めて東京国際映画祭にプレス登録し参加、そして今年で3回目。

過去のことを悔しがってもしかたないけれど、日本で公開されずに終わっている名作がこんなに沢山あるのを映画祭を通して知ることに。

4年前の@nifty日本映画街フォーラム10周年記念パーティ(私が@nifty日本映画街フォーラムで最後に幹事を務めたイベント)で出逢い、1年後(3年前)東京国際映画祭開催時期に一緒に僅かな人数で呑んで映画について語った福島拓哉監督が今年は「日本映画・ある視点」部門で参加。
東京国際映画祭会場で何度も逢うことができた!

いろんなきっかけとご縁のある東京国際映画祭。
また新たな出逢いもあり、今後の縁の広がりが楽しみです。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。